室伏広治の2020現在。伝説は嘘?教授、トレーナーとしての実力は?

自称人間こと室伏広治(43才)の現在に迫る。今、どのような筋肉活動をしているかも気になるが、まずは室伏広治伝説を軽く振り返る。

〇握力127kg以上
日本で4人しか握ることができないお化けハンドグリッパー「COC/No.3」を一瞬でクラッシュ。ウォームアップもなしに、一回目で握ることができたのは室伏だけ。記録に興味もない室伏は、公式にも握れたことを申請していない。武井壮がエピソードとして話していたため真実味がある。

〇やり投げで、照英の心ブチえぐる
高校時代、なんとなくで国体のやり投げに参加。練習は駐車場で小石を投げてイメージトレーニングしたのみ。数年間ヤリを投げ続けてフォームに磨きをかけた照永の3位をぶち抜き、2位入賞。当時の千葉県記録を打ち立てる。これは本当だ。当時の記録は68m。実際に照英はこの件で槍投げを引退している。

〇立ち幅跳び360cm
練習の時にさらっと飛んで、世界記録レイ・ユーリーの347cmを越えたとか。さすがに嘘だろと思った。あなたも同じように思っただろう。
「都市伝説だろ?ピュアすぎ。ネットなんて大げさに言っているだけだろ」
確かに嘘かもしれない。測定していないのだからわからない野は当たり前だ。唯一、室伏の持っている立ち幅跳びの記録は、高校2年生のときの体力測定で327cmを記録したものだけなのだから・・・

〇100m10秒台
具体的な数字は10.6秒。陸上選手の世界レベル並みと言える。30m走では、ウサイン・ボルトを上回る。一応嘘だろと疑ってみたら、またまた高校時代の体力測定で3秒79を記録。ちなみにボルトは3秒78だ。

〇背筋力389キロ
背筋力の世界記録は公式に測定されたものは無いが、オランウータン350キロ、ゴリラ400キロと言われている。真偽についてですが、どうせ本当だろう。

〇棒腕投げ始球式131km

Murofushi threw out the fast ball.

お判りいただけるだろうか。腕の屈伸運動を全く使っていない。腕を棒のように伸ばして投げている。自分で試してみるとわかる。腕を伸ばしきったら、全然早く投げられるような気がしない。

〇中京大学、学位は博士(体育学)
博士論文の条件は以下2つ
①過去の学説を検証し、それを超える論文を書くこと
②新たな知見を検証し論文を書くこと
日本で博士号を若くしてとることは、勉学にだけ励んでいる人でも大変。よって室伏広治は、スポーツ選手としてのみならず、そのスポーツを極めるための勉学も並々ならぬものを持っていることになる。

それでは、室伏広治さんの現在の活躍に入っていきます

スポンサーリンク

室伏広治の現在:一流選手たちが駆け込む筋肉教室

〇現在の肩書き:東京医科歯科大学の教授、スポーツサイエンスセンター長
室伏広治は現在、東京医科歯科大学で研究職についている。スポーツ科学にまつわるものだ。具体的には科学に基づいたトレーニング法の研究だ。博士号を取っているのは伊達でもなんでもなく、真に人間の肉体の科学を解き明かそうとしているわけです。しゅごい。
そして同時に、やっているのがスポーツサイエンスセンター長としての役割。

〇一流アスリートたちが指導を求めてやってくる
室伏広治選手は、独自研究に基づいたトレーニング理論を持っており、それを使って世のアスリートたちを支援している。一番有名なのが、陸上の桐生祥秀。

〇桐生祥秀三とのエピソード
桐生祥秀さんと言えば、日本人初の100m9秒台を出したスプリンターだ。桐生祥秀さんは高校3年生の時に10秒01を出し、「日本人初の9秒台が・・・」なんておおいに期待されていた。しかし2013年-2016年まで4年間記録は更新されず、2016年11月ついに、室伏広治の筋肉教室の門戸を叩いた。

【陸上 トレーニング】観るしかない!!桐生9秒台を出した室伏流俊足トレーニング動画!

〇室伏広治トレーニングの凄さを証明
今まで経験のない驚くようなトレーニングの数々に戸惑いながらも室伏広治に師事。そして翌年9月、9秒台を達成する。4年間達成できなかったものが、なんと10か月後には達成してしまったのだ。室伏広治が、自分の身体能力に任せた、ただの天才肌ではないことを証明されたということだ。室伏広治は、誰にでも使える確かな科学理論と人外の肉体をあわせもっていた。

〇まとめ:室不広治の人間じゃない証明終わり
自称人間こと室伏広治は、12歳年下の女性と結婚する(一般人であることと室伏広治さんの考えもあって顔画像は出まわっていませんよ。子供はまだみたいです)など人間アピールをしていましたが、やっぱり室伏広治は人間じゃないですね。

テレビで「立ち幅跳びの世界記録を」って話を見たときは絶対嘘だろ大げさだろって思ってたのに、こうやって伝説を調べてみると本当っぽいし、しかも頭の良さは、博士号取るほどいい。

こんな方が日本人として、日本のアスリートを支援しているわけですから素晴らしいことですよね。今後の室伏広治さんにも期待しつつ、この辺にしておきましょう。

https://youtu.be/YEXTlUpNeBc

おわり

スポーツ選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】