南原竜樹の現在【マネーの虎】南原社長のしくじり先生と経歴【画像】

スポンサーリンク

南原竜樹、マネーの虎で冷徹の虎と呼ばれていた南原社長が、現在奇跡の復活をとげたことはなんとなく聞いていた人も多いだろう。

今回は、南原竜樹社長が、具体的にどのような現在となっているのかを詳しく書いていこうと思う。

まずは、南原竜樹の現在までの経歴を軽くなぞっていく。しくじり先生出演時の話も全部、時系列に組み込んであるのでご安心を

スポンサーリンク

南原竜樹の現在までの経歴【しくじり先生】傲慢と負債100億

◯高校は優秀、大学は普通の南原竜樹
愛知県立松蔭高等学校は偏差値は60。進学校に入学した南原竜樹は勉強をしなかったからか、愛知工業大学に入学する。

しかしこの愛知工業大学への入学が、南原竜樹社長誕生の出発点と言える

◯海外旅行に行きまくった大学時代の南原竜樹
友人の姉が旅行会社勤務だったので、南原竜樹は、安く海外旅行に行くことができた。

南原竜樹社長としての道が決まったのは、グアムに行ったときのことだ。友人が小遣い稼ぎにグアムで車を買って、日本に売るという転売をしていることを知った。

しかしそこでは動かなかった。稼げると言っても大きな買い物だ。リスクも大きいように感じた。

決定的だったのは卒業旅行のドイツ。車好きだった南原竜樹にとって、ドイツの車メーカーは聖地のようなもの。ディーラー巡り、自動車販売店巡りをしてみると、現地価格のやすさに衝撃を受けた。日本には殆ど入ってこない有名車メーカーが激安だ。南原竜樹はすぐに友人に電話、ドイツ車の値段を伝えると「買ってきてくれ」と即答されて、たった1台で大金を得た。

外国車の転売で大金を得られると知った南原竜樹
書い手も一瞬でつくと知った南原竜樹

このとき、南原竜樹社長としての道が決まった。

◯南原竜樹、アルバイトを掛け持ちする
まずは資金が必要だったので、アルバイトを掛け持ちするようになった。吉野家、オートバックス、GSなど4つも5つも掛け持ちした

◯南原竜樹、車の転売を始めた
ヨーロッパに行って、車を仕入れ始めた。買い手も大して苦労をせず、見つけることができた。いわばそこらへんのおっさんに話を振れば、すぐ交渉が成立するレベルだ。入れ食い状態だ。

◯南原竜樹、世界20カ国外国車を輸入する
買えばどんどん売れていくので、すぐにお金は膨らんだ。会社設立後に、アルバイトに逆戻りなんて思いつきもしないほど、儲かった。
南原竜樹の大きな実績に、銀行はニッコニコで、億円規模で簡単に融資をしてくれた
車のメーカーはどんどん増えて、ついには20カ国もの外国車を仕入れるようになった。

◯アルファロメオらの輸入権も持っていた超VIP南原竜樹
南原竜樹の勢いは止まらない。アルファロメオ、TVR、AC CARS、ロータス、MGローバーの輸入権を貰えるようになった。

イギリスでは、VIPどころではなくVVIP(ベリーVIP。イギリスに莫大な金をもたらしてくれる超大事な客)扱いを受けて、ブレア首相と食事をすることもあったし、女王陛下の招待を受けたこともある

◯南原竜樹の「マネーの虎」の時代
冷徹な虎と言われていた南原社長。僕が1番好きだった社長で、「とにかく論理的で、合理的」だった。合理的ゆえに冷徹なのだ。もっとシンプルに言うと、どんな事情があっても無慈悲に言うので、うわ~と思って面白かった。
その南原竜樹を象徴しているシーンが、「外反母趾サンダル」の回。すぐに始まるようになっている。

流れは「全国で、外反母趾に悩んでいる40代から60代の女性を救いたい」とサンダルを紹介して、デザインの話になっていく。8:52から南原社長の部分に差し掛かる。

マネーの虎「南原のありえない発言集」

南原竜樹の独裁的経営【経歴】

◯南原竜樹の独裁
会社では、南原竜樹社長のほとんど独裁だったとか。社員の意見なんて聞くはずがなかったし、なにか問題が起こったならすべて社員のせい。社員のことは、24365部隊(24時間365日働けという意味)とよんで、蔑んでいた。

当時の南原竜樹のことを、現在の南原竜樹が振り返ってコメントしたものがあるので、箇条書きにする

  • 社員は私の思う通りに動くコマ
  • 働いてもらってる?ありえない、働かせてやっているのだ
  • 部下を褒める必要がない。なぜなら奴らは無能だから。俺の指示が有能なだけ
  • 家族との時間?知らねえよ。おまえを食わせているのは俺。出張は義務
  • 部下の意見と自分の意見が食い違ったら、100%部下の間違い
  • ストイックな俺はかっこいい
  • デパートの袋に1億円入れて持ち歩いていた。ああ俺かっこいい
  • 部下の話はきかず一方的に部下に話す俺はかっこいい
  • 遊んでいる社長は馬鹿だと思える俺はかっこいい
  • 部下が帰りにくいオーラを出している俺はかっこいい
  • 本当にひどい、部下の扱いを全くわかっていない破産して当然の社長

いわゆる典型的なワンマンで、リーダーズハイ状態だったと振り返る南原竜樹。これらは、しくじり先生などで過去を振り返り告白したものだ。部下から不満は、でなかったのかというと、出すことができなかったというのが正しい

◯南原竜樹の言うとおりにしていたら年商100億になった
南原竜樹の背後には、年商100億を生み出し現在も右肩上がりであるという事実が、君臨していた。南原竜樹の言葉がどんなに理不尽だと思っても、100億円のスタンドが見下ろしてきて、決して言うことが出来なかったようだ。

◯千手観音:南原竜樹
とにかく部下を信用しない南原竜樹なので、なんでも自分で手を付けようとしていたため、千手観音と呼ばれていた。

そして、ついに破産する南原竜樹だ

マネーの虎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】