押尾学の現在2019【今と昔かっこいい画像】再婚した嫁nanami,子供の名前【押尾学事件まとめ】

スポンサーリンク

押尾学の現在

押尾学の真実 #01 栄光と挫折

【押尾学の真実:動画内発言まとめ】

  • インターネットは殆ど見ない
  • 押尾語録は99.8%ウソ。将来的には事実と照らし合わせて、どれぐらいの正しいのか試してみたい。
  • マスコミの報道は、もうエンターテインメントだと思うようにした。ただ若い頃はめちゃくちゃツッパっていたので、むかついてしまっていた。30も後半になってこの年になるとお好きにどうぞという感じになった
  • インタビューに応じた理由について:昔は週刊誌に絶対こたえたくなかった。検察調書と同じ。できた原稿をチェックして見るとすごく優しい感じで書かれているのに、裁判に提出されると自分が必ず不利になるようになっている。そういう引掛けがあるので、好意的な週刊誌だとしても損しか無い。現在は、SNSで誰でも発信できるようになっているので、なら自分から行こうと思った
  • 現在の暮らしぶり:人間関係がとにかく充実している。
  • 刑務所での生活:捕まったのが31歳、刑務所に入っていた期間は2年8ヶ月。炊場工場(ご飯を作るところ)に勤めていた。6ヶ月目には工場長になって、40人ぐらいまとめていた。
  • 自分がいたときの芸能界は大変だった。2時間3時間が何ヶ月も続いて、病院に行って点滴打ってもらってそのまま現場に行って、曲も作って、歌詞も作って、雑誌も取材もあった
  • 当時付き合っている彼女がいた。面会にもよく来てくれた。出所する半年前から急に来なくなった。いや、たまには来る。ただ間隔が大きくあくようになった。雰囲気が違う。そんなブランド品持ってたっけという格好をしている。出所して家に帰ったら、男と彼女がいた。二股をかけていた。そのときは、男が出ていった。
  • 実家での生活は、6:30に朝起きて、マラソンをして、公演で懸垂をして、そうやって運動をしながら将来のことを考えていたらしい。これからどうやって行きていこうか。仮釈放の期間が終わってから実家を出て、お世話になっているオジサンが声をかけてくれて、小さな部屋を貸してくれた。マスコミにはバレないようにこっそり生活をしていた。静かに生きていた。
  • 暴露本のオファーを断っている理由:自分の美学に反する。人が困るようなことはいくらでも言えるが、人を困らせて儲けようと思わない。ただ仮にやるとしたら、別の分野で大きく成功して、儲け全額寄付でやる。
  • 八方塞がりは出所して2年間。

○押尾学、子供と幸せそう

 

この投稿をInstagramで見る

 

👨‍👦💫💫💫 #fatherandson #bathtime #goodnight

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

2019年いいパパをやっている押尾学。
ひと目で分かることだが、だいぶ良いオフロに入っている。「丸みがあるタイプの浴槽は高級な部屋である」法則。現在はいい友人に囲まれて、幸せに音楽の道を進んでいるようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

💥💥💥 #rockandroll #live #LIV #light

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

○押尾学、FX情報商材売り
「出所後苦労したけど、師匠の言うとおりにしたら300万円稼げるようになったよ」という切り口で、情報商材の広告をしていたこともあった。やはり押尾学という過去の超ネームバリュースターを起用していることに注目が集まり、かなりのメルマガ登録があったらしい。情報商材は怪しいと言われているが、基本的に「情報商材=怪しい」という風潮があったので、詳細は不明。ただ、いい風呂には入っている。さらに再婚した嫁に続く

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】