坂口憲二の現在【今2020病状】手術,病気,治るのか,復帰,病院,結婚した嫁

スポンサーリンク

坂口憲二の病状④

突発性大腿骨頭壊死症とは、

大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死(骨が腐った状態ではなく、血が通わなくなって骨組織が死んだ状態)に陥った状態です。骨壊死が起こること(発生)と、痛みが出現すること(発症)、には時間的に差があることに注意が必要です。つまり、骨壊死があるだけでは痛みはありません。骨壊死に陥った部分が潰れることにより、痛みが出現します。したがって、骨壊死はあっても、壊死の範囲が小さい場合などでは生涯にわたり痛みをきたさないこともあります。

引用:(http://www.nanbyou.or.jp/entry/160)

難しいので、まとめると

  • 骨が腐るのではない
  • 血が通わない骨組織が死んでしまう病状
  • 段階①骨に血が通わなくなる(気づかない)
  • 段階②骨組織が死んでしまう(気づかない)
  • 段階③もろくなった骨が潰れて痛む(ようやく気づく)

病気の原因は判明していないが、大量飲酒とステロイド使用者に、多く見られる病気のようだ。

坂口憲二と病気発覚経緯⑤

  • 痛みに悩まされ始めたのは、2012年の初舞台「十三人の刺客」の期間中
  • 初めての病院に診察に行ったのが2014年の春
  • 女性との結婚当時には松葉杖を使っていた
  • 精密検査を受けたのが、2014年7月頃。しかし病名は発覚せず
  • 2015年になって、ようやく「特発性大腿骨頭壊死症」と判明
  • その後、手術をして、リハビリに励んでいる

骨に、血が通わなくなったのは、2012年よりもっと前のはず。

骨はすでに壊死して潰れているのにも関わらず、2014年の精密検査で病名が発覚しなかった。それほど難しい病気であることがわかる。

坂口憲二と手術と子供⑥

万一、大腿骨頭壊死症になり、痛みが出現した場合でも、手術などの適切な治療により、痛みのない生活を送ることができますので、過度な心配は禁物です。

引用:(http://www.nanbyou.or.jp/entry/160)

2015年の手術以降、坂口憲二はリハビリをしているという。

2014年に1人目、2016年5月に二人目の子供が誕生していることからも、元気にはしているようだ。

坂口憲二と現在の病気の進行について【死ぬことはない】⑦

坂口憲二の病気は、難病指定ということもあり、死と隣り合わせなのか?と心配になった。

しかし調べてみると、「死」とは関係のない病気のようだ。

もともと血液循環の悪いところだけが壊死するので、その周囲の比較的血液循環のよい部分は時間が経過してもそのままです。 したがって、細菌感染のように周囲に広がることはなく、ほとんどの場合、大きさに変化はありません。逆に、範囲が小さい場合は修復されて時間の経過とともに縮小することがあります。合併疾患に対するステロイドの投与を継続しても壊死の範囲は大きくならないため、必要に応じてステロイドを継続投与することは可能です。

引用:(http://www.nanbyou.or.jp/entry/160)

まとめると、

  • 壊死する骨は、あくまで血液循環が悪いとこだけ
  • 癌や感性症のように、併発しない
  • 大きさも変わらない
  • 大きくなることはないし、むしろ、小さくなることはある

命に関わることはなくてよかった。

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】