ゴールデンハーフのエバの現在【今何してる?】春日部の店はどこ?

スポンサーリンク

テレビ業界史全体で、もっとも盛り上がった番組「8時だよ!全員集合!」で、一躍全国区の知名度となったハーフアイドルグループ、ゴールデンハーフ。

ゴールデンハーフの中でも特に人気が高かったエバの現在だ。今何してるのか。紹介していく。

その前に、ゴールデンハーフのエバというのはどのぐらいの活躍だったのかを振り返っていく。

スポンサーリンク

ゴールデンハーフのエバ、現在にいたる懐かしい昔

○1960年代ごろから来たハーフ美女ブームの波に乗る予定で結成となるゴールデンハーフ
山本リンダ、辺見マリと1960年代後半あたりで、ハーフ美女のタレントが当たることが多くなった。「ハーフばっかりのグループねえなーハーフてんこ盛りや!」ということで、結成されたのが、ゴールデンハーフ。ゴールデンハーフは、メンバー全員ハーフ!(という設定:小林ユミはイタリアのハーフ設定で、純日本人だった)で、「8時だよ!全員集合!」のマスコットガールとしての結成でもある。

○ドリフターズで超絶ブレイクしたゴールデンハーフ
「芸能界史上、もっとも有名になったバラドルは誰だ?」
そう言われたら、日本の歴史を通しても、ゴールデンハーフの右に出るバラドルは、ほとんど存在しないと断言できる。
彼女たちがレギュラーをしていた「8時だよ!全員集合」は、テレビ史最高のバラエティー番組。番組全体平均視聴率27.3%、最高視聴率50.5%、最盛期には40%-50%をコンスタントに叩き出していて、番組終了間際には「ドリフが視聴率30%台?ドリフも終わったな」と、わけのわからない揶揄が飛んだほど。伝説的オバケ番組に、ドリフターズの次に名前が出ていたゴールデンハーフは、正真正銘、最も名を挙げたバラドルと言える。後に、ゴールデンハーフの役割はキャンディーズに映っていく

○ゴールデンハーフ、引退相次ぎ、エバ「解散したくない」
ゴールデンハーフでは、かなり我が強いメンバーが集っていた。
マリアは「歌を歌いたくないから抜ける」と言って、ルナは「私は歌よりも芝居がしたい」、じゃあ私もやめようかなとリーダーのユミも脱退を決めて、ゴールデンハーフは解散となった。

○エバ、歌とバラエティーを頑張り、バラドル流派の開祖に
ゴールデンハーフの解散後、最も芸能人として成功したのが、ゴールデンハーフのエバだ。
エバは、「お笑いマンガ道場」「笑って笑って60分」など複数のバラエティー番組で、レギュラーの活躍。「バラエティー番組を中心に活躍するアイドル」という枠は、このときのエバの頑張りによって出来たもの。「バラエティにアイドル枠あってええな」と、世間から見たエバの受けを見て浸透していった。まさにバラドル流 開祖のエバである。その後、エバの引退後の話になる。

ゴールデンハーフのエバ、現在【今何してる?】春日部の店はどこ?

ゴールデンハーフのエバは現在の年齢は、65歳である。おお、リアルに数字で見ると、エバもおばあちゃんになったんだなーと実感する。

次ページでは、ゴールデンハーフのエバが引退後、何をしていたのか、わかっている範囲で順番に紹介していく。

アイドル
スポンサーリンク
Aの現在【今】