ミハイル・シューマッハの現在【事故,現状,画像】伝説,年収,資産,豪邸,獲得,賞金合計

F1界の伝説の男、ミハイル・シューマッハ。

ミハイル・シューマッハの現在だ。事故の後の現場や画像らも見ていく。

その前に、ミハイル・シューマッハの現在にいたる伝説を軽く振り返っていく。年収や資産の話もだ。

スポンサーリンク

ミハイル・シューマッハの現在にいたる伝説①デビューと記録

○ミハイル・シューマッハの衝撃デビュー
1991年、ジョーダン所属のベルトラン・ガショーが逮捕されて、その代役としてF1デビューしたシューマッハ。初めてのコースは、折りたたみ自転車でサーキットを何度も周回して覚えたそうな。
そんな急すぎる代役に、ミハイル・シューマッハはなんといきなり7位。まだまだ技術的に後追いだったジョーダンにとっては、シーズンの最高順位だった。

○デビュー1年目からミハイル・シューマッハを大企業奪い合い
22歳の新人ドライバーの偉業を見たベネトンとメルセデスが動き出し、ジョーダンからミハイル・シューマッハを奪おうと動いた。ジョーダンは、期待の大型新人死守に動き、訴訟まで起こすも失敗してしまう。
F1レーサーにとって高性能マシンを出せる大企業に所属することは重要な実績につながるため、F1業界では企業とレーサーの間の恩は、あまり意味をなさない。才能があるレーサーが、弱い企業に縛られ続けるのは損失だろう。
結果、ミハイル・シューマッハはベネトンに移籍した。そして最初のイタリアグランプリで、チームメイトの大ベテラン、ドライバーズチャンピオン通算3回通算23回優勝のネルソン・ピケを上回って5位に入って初ポイント。

翌年、ベルギーGPで、ミハイルシューマッハは優勝台に登る。初勝利だ。

ミハイル・シューマッハの最初の優勝をしたベルギーGPは、ミハイル・シューマッハ最初の優勝であり、マニュアルシフト車最後の優勝でもある。F1の歴史において最も重要な試合の1つとなった。

○ミハイル・シューマッハ、もっとも偉大なF1レーサー
ドライバーズチャンピオン通算7回優勝(歴代1位)連続5回優勝(歴代1位)に始まって、ミハイル・シューマッハの通算91回優勝は、2位80回(ルイス・ハミルトン)、3位52回(セバスチャン・ベッテル)の記録を考えても圧倒的だ。ミハイル・シューマッハ、その後、F1におけるほぼすべての歴代記録を更新し、通算予選1位65回の記録を更新して引退した。

ミハイル・シューマッハの現状にいたる伝説②年収、資産

○ミハイル・シューマッハ、年収1位
ミハイル・シューマッハは、2006年に引退し2010年に復帰した。
そして2011年の年収では3400万ドルで、F1レーサーの中でもっとも高収入を得ていることもわかっている。このときのミハイル・シューマッハの年齢は42歳だ。F1レーサーの選手寿命が35歳程度であることからも、ミハイル・シューマッハという人物の重宝のされっぷりが見て取れる

○ミハイル・シューマッハ、生涯収入5位
フォーブスによる最近の調査によれば、スポーツ選手長者番付において、生涯年収1位はマイケルジョーダン(2100億円)、2位タイガー・ウッズ(1950億円)、3位アーノルドパーマー(1560億円)、4位ジャック・ニクラウス(1330億円)、そして5位がミハイル・シューマッハ(1110億円)であることがわかっている。ミハイル・シューマッハはたとえば現役引退後も、2013年から、1年300万ユーロの7年2100万ユーロ(25億円)の契約を結んでいる。

上位25位までしか公表されていなかったが、その中にはミハイル・シューマッハ以外の名前はなかった。25位は、テニスのアンドレ・アガシで500億。つまりF1レーサーの生涯年収は、ミハイル・シューマッハがずば抜けてトップを走っていることになる。
Top 10 Moments of Schumacher Brilliance

ミハイル・シューマッハの事故の現状に続く【画像】現状、病状、経過

ミハイル・シューマッハは凄惨な事故にあった。
その事故当時、そして事故のその後について触れていく。

ミハイル・シューマッハの現在の年齢は、51歳だ

ミハイル・シューマッハの事故当時

○事故当時、ミハイル・シューマッハ、息子とスキー
ミハイル・シューマッハは、オフピステスキー(未整備エリアのスキー、立ち入り禁止のロープを乗り越えた先でやるスリリングなスキーの通称)の最中に転倒してしまったそうだ。当時のゲレンデの標識設置方法には問題がなく、ミハイル・シューマッハ本人が自ら入ったものと見られている。
ミハイル・シューマッハは、ヘルメットをかぶっていたにもかかわらず、きわめて深刻な頭部外傷を追ってしまった。スキーの最中に転倒、岩に頭部をぶつけてしまったのだ。担当医によれば、「ヘルメットをかぶっていたからこそ、この程度で済んだのだろう」と語っている。

シューマッハは、F1レーサー。
普通のスキーでは、スリルだの爽快感だの感じることが出来なかったんだろう。

○人工的昏睡状態のミハイル・シューマッハ
ミハイル・シューマッハの頭部外傷は、外傷による脳損傷を起こしているほどで、容態を安定させるために取られた手段が人工的な昏睡状態だ。
その後、意識と覚醒の

○ミハイル・シューマッハ、1年半後のマネージャーのインタビュー
ミハイル・シューマッハの病状を知っているマネージャーは、「不詳の深刻さを考慮すれば、徐々に改善してきている」と応えた。
この発言からも、ミハイル・シューマッハの怪我が非常に深刻なものであることがわかる。では2020年現在はどうなっているのか。

ミハイル・シューマッハの事故後の現状【画像】

○ミハイル・シューマッハ、元気になったらしい
2019年8月の海外のニュースサイトで、「ミハイル・シューマッハは、回復している」という記事があった。それによると、フェラーリの元ボスの話であったり、詳しい友人の名前の証言であったりと、割りと信憑性がありそう。それによると、ミハイル・シューマッハは、現在スイスで療養しており、テレビでF1レースを見て楽しむぐらいにはできるようになっているらしい。ただ2016年9月位はシューマッハは歩くことができないと、シューマッハ家の弁護士が離しているから、今も寝たきりの可能性はある。

○ただし、ミハイル・シューマッハの現状については非常に閉鎖的なのは事実
しかしながら、ミハイル・シューマッハの詳しい現状については「これは非常にプライベートなことだ」として、ミハイル・シューマッハの家族を中心にして情報は漏れることがないようです。家族やミハイル・シューマッハのマネージャーや元ボスら、ミハイル・シューマッハと直接あっている人間からほんの少しだけ話しが出るぐらい。

「家族は周囲に秘密を保つことを望んでいる。それを皆が完全に尊重している。家族はミハイル・シューマッハのためにできることを全てやっている」

つまり、ミハイル・シューマッハの現在の画像は、全世界のサイトを探してもあるわけはなく、いつか、ミハイル・シューマッハが元気な姿を見せてくれるまで、待つしかない。

そしてその日がいつか来ること願いたい。ミハイル・シューマッハは、F1レーサーになるまえからそしてなってからもずっとストイックな男だったし、そしてそのすべてで結果を残してきた。意識があるならば、いつか絶対に帰ってくるだろう。

おわり

5 Crazy Onboard Moments | Michael Schumacher
海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】