ミハイル・シューマッハの現在【事故,現状,画像】伝説,年収,資産,豪邸,獲得,賞金合計

スポンサーリンク
スポンサーリンク

F1界の伝説の男、ミハイル・シューマッハ。

ミハイル・シューマッハの現在だ。事故の後の現場や画像らも見ていく。

その前に、ミハイル・シューマッハの現在にいたる伝説を軽く振り返っていく。年収や資産の話もだ。

ミハイル・シューマッハの現在にいたる伝説①デビューと記録

○ミハイル・シューマッハの衝撃デビュー
1991年、ジョーダン所属のベルトラン・ガショーが逮捕されて、その代役としてF1デビューしたシューマッハ。初めてのコースは、折りたたみ自転車でサーキットを何度も周回して覚えたそうな。
そんな急すぎる代役に、ミハイル・シューマッハはなんといきなり7位。まだまだ技術的に後追いだったジョーダンにとっては、シーズンの最高順位だった。

○デビュー1年目からミハイル・シューマッハを大企業奪い合い
22歳の新人ドライバーの偉業を見たベネトンとメルセデスが動き出し、ジョーダンからミハイル・シューマッハを奪おうと動いた。ジョーダンは、期待の大型新人死守に動き、訴訟まで起こすも失敗してしまう。
F1レーサーにとって高性能マシンを出せる大企業に所属することは重要な実績につながるため、F1業界では企業とレーサーの間の恩は、あまり意味をなさない。才能があるレーサーが、弱い企業に縛られ続けるのは損失だろう。
結果、ミハイル・シューマッハはベネトンに移籍した。そして最初のイタリアグランプリで、チームメイトの大ベテラン、ドライバーズチャンピオン通算3回通算23回優勝のネルソン・ピケを上回って5位に入って初ポイント。

翌年、ベルギーGPで、ミハイルシューマッハは優勝台に登る。初勝利だ。

ミハイル・シューマッハの最初の優勝をしたベルギーGPは、ミハイル・シューマッハ最初の優勝であり、マニュアルシフト車最後の優勝でもある。F1の歴史において最も重要な試合の1つとなった。

○ミハイル・シューマッハ、もっとも偉大なF1レーサー
ドライバーズチャンピオン通算7回優勝(歴代1位)連続5回優勝(歴代1位)に始まって、ミハイル・シューマッハの通算91回優勝は、2位80回(ルイス・ハミルトン)、3位52回(セバスチャン・ベッテル)の記録を考えても圧倒的だ。ミハイル・シューマッハ、その後、F1におけるほぼすべての歴代記録を更新し、通算予選1位65回の記録を更新して引退した。

ミハイル・シューマッハの現状にいたる伝説②年収、資産

○ミハイル・シューマッハ、年収1位
ミハイル・シューマッハは、2006年に引退し2010年に復帰した。
そして2011年の年収では3400万ドルで、F1レーサーの中でもっとも高収入を得ていることもわかっている。このときのミハイル・シューマッハの年齢は42歳だ。F1レーサーの選手寿命が35歳程度であることからも、ミハイル・シューマッハという人物の重宝のされっぷりが見て取れる

○ミハイル・シューマッハ、生涯収入5位
フォーブスによる最近の調査によれば、スポーツ選手長者番付において、生涯年収1位はマイケルジョーダン(2100億円)、2位タイガー・ウッズ(1950億円)、3位アーノルドパーマー(1560億円)、4位ジャック・ニクラウス(1330億円)、そして5位がミハイル・シューマッハ(1110億円)であることがわかっている。ミハイル・シューマッハはたとえば現役引退後も、2013年から、1年300万ユーロの7年2100万ユーロ(25億円)の契約を結んでいる。

上位25位までしか公表されていなかったが、その中にはミハイル・シューマッハ以外の名前はなかった。25位は、テニスのアンドレ・アガシで500億。つまりF1レーサーの生涯年収は、ミハイル・シューマッハがずば抜けてトップを走っていることになる。
Top 10 Moments of Schumacher Brilliance

ミハイル・シューマッハの事故の現状に続く【画像】現状、病状、経過

ミハイル・シューマッハは凄惨な事故にあった。
その事故当時、そして事故のその後について触れていく。

ミハイル・シューマッハの現在の年齢は、50歳だ

海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】