清水宏次朗の現在【今何してる画像】神戸のスナック店で病気?【兵庫区】その後

スポンサーリンク

清水宏次朗の現在:借金話【2000万円】

○清水宏次朗2000万円の借金
2012年に、知人経営者が、清水宏次朗に対して裁判を起こしました。

「Vシネマ【ゾンビ屋れいこ】のために出資した9000万円のうち、2000万円の返金を求める」裁判だ。

貸したのは9年前、一般債権の時効が10年なので、やむなく裁判を起こすにいたった。

○9000万円もお金を貸した経緯はおおよそ以下らしい

清水宏次朗「ゾンビ屋れい子、実写化するのに金貸して~3000万円」
清水宏次朗「映画3部作で、レンタルもつかったら儲かるから。人気漫画の映画化だしね」
知人経営者「のった!!はい、3000万円。2作分な」

Vシネマ制作社長「おーい、3000万円、いつ振り込んでくれるの?」
知人経営者「え? なにが?」
Vシネマ制作社長「なにがって、うちに3000万円融資してくれるんでしょ?
知人経営者「ん、どういうこと」
Vシネマ制作社長「いや、だからお金まだもらってないよ」
知人経営者「いやいや、清水さんに渡したよ」
Vシネマ制作社長「お金もらってないけど」
知人経営者「え」
Vシネマ制作社長「え」
知人経営者「・・・清水さんに確認してみます」

知人経営者「どういうことですか?」
清水宏次朗「そ、それが」
知人経営者「はっきり言ってください」
清水宏次朗「スタッフが使い込んでしまって・・・」
知人経営者「はい?」
清水宏次朗「次は管理を徹底させますから、もう3000万、いえ2000万でいいんで、追加の援助をお願いします」
知人経営者「いやいや」
清水宏次朗「知人経営者さんも儲かるって理解してくれましたよね!?大丈夫、次は絶対にこんなこと起こりませんから」
知人経営者「うーん、じゃあ」
疑念の残る知人経営者は、借用書を作らせた上で2000万円を貸した↓Vシネマを作成し、まったく売れなかった知人経営者「いやいや、もう出せないよ」
3作目の資金援助を渋った知人経営者だったが、最初から3部作の約束だったし違約金が必要になる、映画の権利も手放してもらうことになる、以上のことから追加で4000万円を貸し付けた

もちろんその後も回収できず・・・

清水宏次朗、敗訴
裁判が起きて、出廷しなかったので、清水宏次朗の敗訴が確定。裁判所から2000万円の支払い命令がでました。9000万でなく2000万なので、最初のお金紛失?は清水宏次朗が一概に悪かったわけではないのかもしれない。僕らには見えない複雑な背景がありそうだ。それにしても、ぽんぽん、3000万、2000万、4000万と貸せる人ってすげえな。

清水宏次朗の現在【病気について】更年期障害

清水宏次朗は現在、更年期障害に苦しんでいるということがわかっている。

○清水宏次朗の症状
座っていても、動悸をおこし、突然倒れてしまうこともよくあるようだ。手足が震えて、ブルブルと抑えられなくなることもあるという

加齢による身体的ストレスがあるからこそ更年期障害と呼ばれているが、社会的因子も大きな要素となることも知られている。清水宏次朗の人生もなかなか過酷なのかもしれない

○清水宏次朗、朝から酒
更年期障害に苦しめられている清水宏次朗は、朝から酒を飲み続けることも少なくないらしい。症状が出るのも怖がるようになって、その不安を抑えるために酒でごまかそうとするそうな。

清水宏次朗は言う。「山あり谷ありですからね」

更年期障害は常態だし、ずーっと山でずーっと谷。過酷すぎる。

借金2000万あって、過去の栄光もあれば、ストレスまみれになるのかもしれない。

清水宏次朗の現在【今何してる】神戸市兵庫区のスナック店って?

清水宏次朗が、現在、神戸市の兵庫区でスナック店をやっているんじゃないかという噂がある。

しかしそれらはあくまで噂であって、事実ということを示す情報は一切ない。

「清水宏次朗、借金踏み倒して失踪!?」なんて記事が大量にあるし、情報を隠しているのでは?って可能性もある。

清水宏次朗の現在
(C)フジテレビ「アウトデラックス」

しかしながら、裁判後の2014年には、テレビにも出ているし、失踪しているわけではないだろう。イケメンで、芸能人の名前を使わない手はないので、神戸市兵庫区でスナック店をやっているというのは嘘なのではないだろうか。

清水宏次朗の現在でわかっているのは、「更年期障害で苦しんでおり、朝から酒を呑むこともある」である。切ない終わりだ。

おわり

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】