デニスロッドマンの現在【資産,年俸,豪邸】伝説,記録,画像,子供,加藤浩次

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバウンドでNBAを蹂躙した伝説的なバスケットプレイヤー、デニスロッドマン。

デニスロッドマンの現在だ。今何してるのか。現在の資産や仕事や画像らも見ていく。

一緒に、デニスロッドマンの伝説や記録、年俸やエピソードらも振り返っていく。

デニスロッドマンの現在にいたる伝説的記録【リバウンド】

○リバウンド王、7連続デニスロッドマンの凄さ
長いNBAの歴史から見ても、デニスロッドマンの7連続リバウンド王は最多である。
注目すべきは、慎重だ。もちろんデニスロッドマンは203cmと超でかい。
しかし他のリバウンド王を見てみると、6連続リバウンド王のモーゼスマーロンは208cm、5連続のドワイトハワードは211cm、4連続のケビン・ガーネットは211cmと、さらにもう一回りでかいのだ。
前年度までリバウンド王を争っていたデビットロビンソン216cm、アキームオラジュワン213cm。例を見るほど、デニスロッドマンのリバウンド力が、並外れていたものなのだと分かる。

Dennis Rodman – Career Tribute |HD|

○デニスロッドマン、リバウンドに命を捧げた選手
デニスロッドマンは、リバウンドに並々ならぬ思いがある。それは、バスケットボール人生の全体に及んでいた。
歴代3位となる1試合34リバウンド(1位モーゼスマローン37回、2位チャールズオークリー35回)や、7シーズン平均16.7リバウンド、1シーズン平均最高18.7リバウンド、最高齢36歳リバウンド王と、とんでもない数字を叩き出していることからも分かる。そのため、デニスロッドマンは、「1試合20リバウンド超え、0得点」という「すごいけど、点入れて!」と言わずにいれないような珍記録を7回も達成した。

デニスロッドマンの年俸

○デニスロッドマン、デトロイト・ピストンズ時代の年俸
1年目16万ドル、2年目55万ドル、3年目88万ドル、4年目107万ドル、5年目235万ドル
急な高騰は、デニスロッドマンが、リバウンド王を獲得した4年目の次の年からである。

○デニスロッドマン、サンアントニオ・スパーズ時代の年俸
6年目245万ドル、7年目250万ドル

○デニスロッドマン、シカゴブルズ時代の年俸
8年目250万ドル、9年目900万ドル、10年目450万ドル
8年目は、マイケル・ジョーダン、ピッペン、そしてデニスロッドマンの最強の3人をゆうするシカゴ・ブルズが、72勝10敗というNBA史上1位の記録をマークして優勝した年だ(この記録は、2016年にようやくウォリアーズの73勝9敗で更新された。)。
9年目と10年目はマイケル・ジョーダンと明暗がわかれている。マイケル・ジョーダンは9年目3014万ドル、10年目3314万ドルである。

○デニスロッドマン、レイカーズとマーベリックス(マブス)時代の年俸
レイカーズ100万ドル、マーベリックス44万ドル
レイカーズは23試合で解雇、マブスも12試合で解雇となった。理由としては、デニスロッドマンがチームの和を乱してしまったからだ。デニスロッドマンが参加した試合では、勝率が半分を大幅に下回り、マブス時代デニスロッドマン参加の12試合では、わずか4勝だった。リバウンド平均は14超えだが、それ以外で大きく足を引っ張ってしまったという見方が多かったようだ。チームメイトは、「彼は変わる必要があったが、ついに変わることはなかった」と述べている。

○デニスロッドマン、総年俸
デニスロッドマンの総年俸を合計すると2740万ドルになる。
さらに広告ついたりCMに出たりテレビに出たりと、デニスロッドマン個人との契約で稼いでいることもあっただろう。日本円で40億円ぐらいにはなりそうだ。
そして、現在のデニスロッドマンは、このお金は全て使ってしまっているようだ。

海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】